映像制作のいろいろな情報、教えます

イベントにおいて映像を使用する

イベントが開催されたときには、映像を使用することによって会場の演出を補助するという手段があります。
例えばコンサートというイベントにおいては、ステージの中心部にスクリーンを設置して映像を写し出すというものです。
スクリーンにコンサートの中心人物である歌手を写し出して、後方の席などに割り当てられた観客に見せることができます。
また歌手が衣装の着替えをしているときに、時間の有効利用のために関連するものを放送するという手法もあります。
その他にも、コンサートの光景自体を映像にしてそれを販売するというビジネスもあります。
すなわち、コンサートは開催するときもその後においてもビジネスとして成立させることが可能なのです。
イベントで映像を活用することによって、利用者に対するサービスの一つとして提供できるのです。
そしてその時の様子を撮影して、一種の商品として売り出していくことができるという側面も存在しているのです。

イベントの映像を生放送する

夏には各地で花火大会などのイベントが開催されることがあり、その時の映像が地元のテレビ局で報道されることがあります。
そのようなとき、その映像を地元だけでなく全国にも放送するという考えがあります。
開催地で開かれる花火大会などのイベントの映像を全国に写し出すことで、次のような利益が生じます。
放送をすることによって全国から開催地に観光客を呼び込み、観光収入を増やすことを期待することができます。
観光収入が増えることで、開催地となる地元にお金が流れることになり税収の確保に結びつけることができます。
放送を見る側にとっては、地元でしか見ることができない光景を自宅で視聴することができます。
つまり直接現地へ移動しなくても、自宅のテレビで見ることが可能であるということを意味するのです。
このように、地元限定のイベントでも映像を通じて全国に放送するということを考案することができるのです。
現在では全国でも視聴することができる放送形態があるので、それを使うことで実現させることができます。

recommend

Last update:2016/4/1

Copyright 2015 Criative Movie All Rights Reserved.